交通違反をすると何が起こるのか

自動車を運転しており、道路交通法違反を行うと警察官から停止を求められ反則告知を受けます。
 

運転免許証の交付を受ける際に、各都道府県の公安委員会から道路交通法の試験を受け、合格しなければなりません。
 

試験勉強する際に、違反点数や罰金などに関しても勉強しているのですが、取得してから数年経過すると忘れてしまい違反をしてしまうことも多くあります。
 

行政点数は加点方式で、6点になると運転免許停止処分を受けることになってしまうので、軽微な違反行為であっても積み重ねてしまうと免許停止処分を受けることになってしまいます。
 

自動車を運転していて警察官が道路交通法違反を確認すると停止を求められ反則告知を受けるのですが、その際に違反事実について確認をされます。
 

違反事実について納得できなければ、裁判になり裁判所で審判を受けることになります。
 

違反事実について納得できれば、反則金を納める用紙を渡されて、銀行または郵便局などに納付するように指示を受けます。
 

反則金は納付期間が決まっているので、納付期間を過ぎてしまうと、自宅に納付書が送られてきて、手数料を含めた反則金を納付するように指示がきます。
 

それでも納付されない場合は、資産等の差し押さえなどの強制手続きをとられる可能性もあるので注意が必要です。