累積点数が減る?

交通違反や交通事故を起こした時には、その内容に応じて点数がつけられます。違反や事故を繰り返し、点数が一定水準まで累積されると、免許停止や免許取り消しの処分が下されます。

 
点数の高さは酒酔い運転、麻薬などの運転がもっとも高くなっており、その他の違反や事故でも、同時に酒気帯び状態である場合に程度によっては、高い点数がつきます。

 
前歴を持たない場合だと、免許停止や取り消しまでに必要な累積点数の水準がもっとも高く設定されており、前歴が多い程、累積点数が低くても免許停止、取り消しとなる厳しい設定となっています。

 
前歴は、過去の3年間で免許停止や取り消しを受けた人の処分歴という意味があります。

 
累積点数や前歴は条件によってはリセットされますので、その条件を把握して安全運転を努めるようにしたいところです。

 
また、1回の違反で6点以上がついた場合を除いた、免許停止となる累積点数が6点の人で、3年以内に免許停止や取り消しの処分、違反者講習を受けた経験のない人は、違反者講習を受けさえすれば免許停止の処分は科せられません。

 
免許停止処分者講習とは違って、違反者講習は免許停止状態ではありませんので、自動車で講習場所へ向かうことができます。

 
この場合には処分が科せられない上に、累積点数がリセットされますから、点数がゼロの状態から運転を開始することが可能です。

コメントは受け付けていません。