警察の対応

自動車を運転していると、道路交通法違反を起こして警察官から停止を求められて切符を作成されることがあります。
 

警察官は、自動車の運転者が道路交通法違反を確認すると、停止を求めて違反事項の確認を行い違反事実に基づいて切符を作成することとなります。
 

この際、警察官は運転手から運転免許証の提示を求めてきます。
 

これは、無免許運転の疑い・免許偽造の疑いがあることから提示を求めており、運転免許証の顔写真・記載事項を確認して切符を作成するので必ず警察官に提示するよう法律で定められています。
 

自動車の運転手が道路交通法違反に納得することができず、運転免許証などを提示しなかった場合は、運転免許証の不提示で現行犯逮捕されることになります。
 

現行犯逮捕されることによって、強制手続きになるので、運転手は手錠をかけられると、警察署へ強制的に連行されることになります。
 

警察署の取調室などで、所持品を確認されるので運転免許証なども警察官などに確認されることになります。
 

無免許であったりする場合は、無免許違反の犯罪捜査を続ける必要があることから、検察庁に拘留の手続きをして、検察庁が裁判所に拘留許可を受ければ、引き続き警察署の留置施設で取り調べを受けます。
 

運転免許証をもっている場合は、逃走・証拠隠滅もないので、釈放され切符を作成され行政処分を受けることになります。

コメントは受け付けていません。